変質者に間違えられた彼
今日は授業があったんですけど、彼が学校まで迎えに来てくれました。
正門前に車を停めて待ってもらってたんです。
彼が来てくれた〜と喜んで行こうとしたら、そのとき正門前近くにいたクラスの子が

「あの車、なんか怖くない? 絶対怪しいやん」

うわ〜、彼、変質者扱いされてるやん(ー ー;)
この状況であの車に乗るの嫌やなw

さっそうと歩いて急いで車に乗る。

彼に変質者扱いされてたと伝えると

「そんな視線を感じたw でも正門前で待ってるだけで変質者扱いしないでほしいw」

と言ってました。
確かに彼の言うとおりだわw


帰ってからは買い物に付き合ってもらったり、ドライブしたり。
今日も楽しい1日でした!
[2015/06/27 23:05 ] | 恋のはなし | コメント(0) | トラックバック(0)
<<お世話になりました | ホーム | 友だちに紹介>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://sibainupopo.blog.fc2.com/tb.php/2134-9866a021
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |